株式会社ヨシムラ 人材募集ページ

奈須野 良祐

社歴 6年目
資源リサイクル部門 営業

資源リサイクル 営業の仕事とは?

資源リサイクル部門では再生可能な資源として鉄・非鉄金属、古紙等を扱っています。
その中で外勤営業は再生可能資源を買い付けることが主な業務です。

主な仕事内容

訪問計画 週の始めに担当顧客の訪問計画を作成します。ただし、お客様から急な訪問依頼をもらうこともあるので、臨機応変に対応しています。
商談 品物の価値や状態を見極め、相場の状況を考慮して買取金額を決めます。スクラップを見て、いくらになるかを見極める目利き力が重要です。
引き取り 商談が成立したら、引き取り日を決めます。スクラップは重量物なので別の日に引き取りに行きます。引き取りは配車担当がトラックで伺います。
検収 引き取りが完了したら、当社へ運び込み、品物の量や状態を確認します。(Aという商品だと思って営業が買付たものがBという商品だったということもあります)
値決め 基本的には商談で決めた値段になります。しかし商談日から相場が変動している場合には値段の調整を行います。

日々の業務で意識していること

複数の金属スクラップ業者がある中で、より多くの案件をご相談頂けるように、日々意識しています。商談で訪問した場合にも、値段を付けて終わりではなく、金属相場の話やゴルフの話等、お客様が関心のある話しをして仲良くなれるようにしています。

営業の仕事のこんなところが難しい!

品物の適切な値段を決めるところが難しいと感じています。例えば、500円で売れる銅線だと思って商談をして、450円で買う約束をしたとします。しかし、会社で調べると実は400円でしか売れない銅線ということが分かったとします。すると50円の損失になってしまいます。もちろん、社内スタッフに写真を送って相談をしながら価格を提示しますが、適性価格で買い付けるためにも商品知識を深めることが非常に大切だと思っています。

1日の仕事について

7:00

出社→営業車に乗換えA社へ出発

9:00~9:45

A社商談

10:00

B社電話営業

電話にて商談を行うこともあります。定期的に取り扱っている物の場合には、電話を頂いた時点での相場で値段を確定し商談成立となります。
しかし、自分の目で確認しなければいけない物の場合にはアポを取り、後日商談に伺います。

10:15~10:45

C社下見依頼

11:30~12:00

D社飛び込み営業

13:00~14:00

E社商談

全てのお客様にアポイントを取って訪問してしまうと、イレギュラーが発生した場合に対応出来なくなってしまうので、アポが無くても会えるようにお客様と関係性を構築しています。お客様から信頼して頂けるように誠実な対応を心掛けています。

14:45~15:30

F社下見依頼→アポイント終了後、会社へ

全てのお客様にアポイントを取って訪問してしまうと、イレギュラーが発生した場合に対応出来なくなってしまうので、アポが無くても会えるようにお客様と関係性を構築しています。お客様から信頼して頂けるように誠実な対応を心掛けています。

16:30

帰社

17:30

退社

ヨシムラはとても残業が少ない会社で、営業も基本的に残業はほとんどありません。仕事の後は、会社のメンバーと飲みに行ったりしています。